にきびの主な種類について

ニキビができる時期にとって種類が違う!

同じニキビでもできる時期によって呼び方が違いますね。
大人ニキビと思春期ニキビ。
これは具体的にどんな違いがあるのでしょうか。

まず20歳以上になってできるニキビのことを大人ニキビと言います。
大人ニキビはアゴ周り、口周りにできやすいのが特徴で、一度治ったと思っていてもまた再発しやすいことや、跡に残りやすいなどの特徴があります。
年齢を重ねることで、若い頃よりも肌の代謝が衰えてしまうので、どうしてもニキビ跡が残りやすい、とても厄介な大人ニキビ。
ニキビの治療と同時に、再発しないように、お肌の代謝を上げて跡にならないようにするケアも必要になります。
この大人ニキビの根本的な原因として挙げられるのは、肌表面のターンオーバーが乱れてしまい、角質層が分厚くなりそのまま肌に残り、それが毛穴を塞いでしまうからです。
ターンオーバーが乱れる原因としては、ストレスや紫外線、生活習慣の乱れや偏った食事などが挙げられます。

いっぽうの思春期ニキビは、10代の頃にできるニキビのことで、たくさんの人がこの思春期ニキビに悩まされてきたのではないでしょうか。
思春期ニキビやおでこや鼻、アゴなどのTゾーンや頬、額などにできやすのが特徴です。
代謝が活発な思春期にできるニキビは治りも速いことも特徴です。
体が大人になるための成長を遂げる思春期は、女の子であれば、体付きも女性らしくなり生理が始まるようになります。
男の子なら男らしい体付きに、また声変わりもある時期です。
この時期には成長ホルモンがたくさん分泌されていて、これが思春期ニキビの原因にもなっています。
成長ホルモンは、皮脂を刺激する働きがあり、皮脂分泌を過剰にしてしまうのです。
過剰に分泌された皮脂は毛穴に詰まり、思春期ニキビとなってしまうのですね。

ニキビの段階別種類

ニキビにはその進行度合いによってもいろんな呼び方があります。
その進行具合によって、白ニキビから黒ニキビ、赤ニキビ、そして黄色ニキビと言われます。
ターンオーバーの低下などいろいろな原因で毛穴が詰まることで、まず白ニキビが発生します。
そして黒ニキビになり、このくらいまではそれほど酷い状態ではないのですが、赤ニキビくらいから痛みができていたり腫れも出てきます。
さらにそれが進行すると膿んだ状態の黄色ニキビになります。
できるだけ、白ニキビ、黒ニキビのあたりで正しいケアをして、それ以上進行させないことが大切です。