ペーパードライバー教習にかかる金額・費用・スケジュールについて

ペーパードライバー 金額・費用

Uncategorized

ペーパードライバーが久しぶりに運転するときに忘れがちな事

投稿日:

Free-Photos / Pixabay

ペーパードライバーの方で、講習を受けずにいきなり運転しようと考えている人もいるかもしれません。
免許があるならそれは自由に行えますが、しかし、長い間運転していなかったことを考えると、いろいろなリスクがあることを知っておく必要があります。
例えば、ペーパードライバーの人が忘れがちになるものがあります。
一つは、ウインカーやライトの付け方で、これらは車に備わる基本的な機能ですが、長い期間車に乗っていないと操作の仕方を忘れている可能性があります。
どちらも操作の仕方を忘れることで事故を招く可能性のあるもので、ライトについては、夕刻を走行中、急に夜の闇が訪れた時、ライトを点灯してなかったことが事故に繋がることがあります。

またウインカーについても、右左折を行うとき、後続の車にウインカーで伝えることができなければ、やはり事故に繋がる恐れがあります。
したがって車に乗る前に、基本操作について何度も確認しておくようにしましょう。
ペーパードライバーの人が忘れがちになるものには、安全確認もあります。
これは本人の心に気配りや配慮が欠けているということではなく、久しぶりの運転により自分のことで精いっぱいとなっているため、本来重要である目視などの安全確認を怠りがちになるのです。

こうした安全確認は慣れることで身につきますが、ペーパードライバーの人は何年も路上に出ていないので、それが体から離れてしまっているのです。
したがって車を運転する前に、どういうところに危険が潜んでいるか、どのように安全確認すべきかなどについて、確認しておくといいでしょう。

他には、道路標識の見方を忘れている可能性もありますので、標識といってもいくつか種類があり、規制標識、指示標識、警戒標識、案内標識などがあります。
これらは運転者の安全を守るためであり、なおかつ円滑な走行を助けるためのものでもあります。
一方で、標識を無視すれば違反行為となりペナルティーが与えられますので、注意しなければなりませんので、新たに導入されたり変更になった部分も含めて、再度標識についての知識も学んでおくようにしましょう。

-Uncategorized

Copyright© ペーパードライバー 金額・費用 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.